読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

D810を1年使ってみて~D810レビュー~

こんにちは、カミュです!

そろそろD810の後継機が出るのではないかと噂される中、

今日はD810を1年使ってみて僕が感じた事を書いていきたいと思います。

まずはスペックのおさらい

D810

f:id:kamyu2:20170428175206j:plain

基本仕様
タイプ  一眼レフ レンズマウント ニコンFマウント
素数 3709万画素(総画素)
3635万画素(有効画素)
撮像素子  フルサイズ
35.9mm×24mm
CMOS
ローパスフィルターレス  撮影感度 標準:ISO64~12800
拡張:ISO32相当、51200相当
記録フォーマット JPEG/RAW/TIFF 連写撮影 6 コマ/秒
シャッタースピード 1/8000~30 秒 液晶モニター 3.2インチ
122.9万ドット
ファインダー形式  ペンタプリズム ファインダー倍率  0.7 倍
ファインダー視野率(上下/左右) 100/100 電池タイプ 専用電池
専用電池型番 EN-EL15 撮影枚数 ファインダー使用時:1200枚
記録メディア コンパクトフラッシュ
SDHCカード
SDカード
SDXCカード
   
その他機能
手ブレ補正機構    5軸手ブレ補正  
ゴミ取り機構  ライブビュー 
可動式モニタ   自分撮り機能   
PictBridge対応  内蔵フラッシュ 
バルブ  タイム
防塵・防滴  RAW+JPEG同時記録 
RAW 12bit/14bit セルフタイマー 20/10/5/2秒
タイムラプス  USB充電  
インターフェース microUSB3.0、miniHDMI GPS   
起動時間 0.12 秒 AFセンサー測距点 フォーカスポイント51点(うち、15点はクロスタイプセンサー、11点はF8対応)
動画撮影
4K対応    動画記録画素数 フルHD(1920x1080)
フレームレート 60 fps ファイル形式 MOV
映像圧縮方式 H.264/MPEG-4 AVC 音声記録方式 リニアPCM
ネットワーク
NFC    Wi-Fi   
Wi-Fi Direct対応    Bluetooth  
BLE(Bluetooth Low Energy)      
サイズ・重量
幅x高さx奥行き 146x123x81.5 mm 重量

880 g

 

D810はNikonから2014年7月に発売された有効画素数3635万画素のフルサイズ一眼レフカメラで現在発売されているフルサイズ一眼レフカメラの中でも圧倒的な解像力を誇っています。

 

D810の良いところ

まずはその圧倒的な解像力です。

他のNikonの一眼レフが2400万画素付近なのに対し3635万画素という驚異的な数字を誇っています。もちろんフルサイズ機なので階調性もAPS‐Cとは比べ物になりません。

僕は以前D5200を使用していましたが初めてD810で撮影した時にあまりの画像の鮮明さの違いに驚きました。

しかも、ローパスレスフィルターも搭載されているので風景写真など撮っていて画質にこだわりを持っている方ならこの時点でD810を選択するべきでしょう。

 

次に、サイレントシャッターモードも地味に役に立ちます。元々シャッター音は他のNikonのカメラ(特にD700等)に比べると静かですが(特にD700等)サイレントシャッターモードにするとさらにその静音性に拍車がかかります。 

フォーカスポイントが51点もある事も非常に心強くほとんどの撮影シーンでは不自由を感じた事がありません。

 

あと、細かいことですがカメラを持った時のグリップ感がすごくいいです。D750やD610等と持ち比べてみましたが、D810の方が持ちやすいように思いました。

 

さらに、ピクチャーコントロールシステムを搭載しており、ジャンル分けされた撮影シーンモードにあらかじめ自分で細かくコントラスト、明瞭度、明るさ、彩度等の値を設定しておくことができ、撮影の段階で自分のイメージにより近い写真を撮影することができます。

このピクチャーコントロールシステムは非常に便利でRAWの段階で最終的な写真の完成形に近づけておくことで後の編集での負荷が減りより高画質な写真を現像することができます。もちろん後処理をそこまで行わない方でもカメラだけでもある程度仕上げることができます。

 

D810の悪いところ

さて、悪いところですが実は結構あります(笑)

やはり何といっても重い!!!

フルサイズなのである程度は覚悟していましたが880g+レンズの重さを合わせるとほとんど1kgに到達します。

D810の購入を考えている方ならレンズもある程度のものを使用することを仮定するとなかなかの重量になります。

 

次にWiFi機能がついていません。購入する際にはあまり気にかけていなかったのですが無線で画像を転送できたり、離れてシャッターボタンを押せる等やはり、WiFi機能がついていた方が便利です。

さらにNikonの純正ソフトCapture NX2がD810に対応していません。

これが地味に不便です。一応純正ソフトのCapture NX‐Dは使用可能ですが正直全く使い物になりません。

まあ、PhotoshopLightroomを使えば問題ありませんが有料です。

 

そして、高画素機の弊害と言いますかデータの容量がとてつもなく大きいです。

一番大きなサイズで撮影した場合ですと約80MBにも及び、

D750(2432万画素)だと約30MB程度に収まり、倍以上の容量になります。

これだけデータ容量が大きいとPCに移して保管する際にHDDをかなり圧迫してしまいます。

もう一つの弊害と言えるのが高画素過ぎるがために高感度で撮影するとノイズまで描写してしまいます。だいたい僕の主観だとISO3200位までが限界でしょうか。

それに伴い暗所での撮影は長時間露光などを除いて苦手な印象を受けました。

 

まとめ

色々、書きましたが個人的には買いであると結論付けます。

欠点は多々ありますが重量も三脚を据えてどっしりと構える方ならそこまで問題ないでしょうし、編集ソフトも天下のPhotoshopがありますし、WiFi機能も一応別売りですが使用することもできます。データ量だけはしょうがありませんが一応ファイルのサイズもRaw,jpegそれぞれに三段階で選択できます。

なにより他のカメラでは味わうことの出来ない唯一無二の解像力、階調性を手に入れることができるのでとことん画質にこだわる方であれば間違いなくD810はお勧めできます。